MRI室関連機器

MRI室関連機器

MRI撮影室

MRI(Magnetic Resonance Imaging)装置は、今や医療の画像診断には欠かせない装置として広く認知されています。
核磁気共鳴現象を利用することからCT装置のようなエックス線による被ばくがなく、人体への負担が少ない画像診断装置です。
MRI装置は強力な磁場を発生し、電波を用いて画像情報を得ます。そのためMRI撮影室は外からの電波ノイズを室内に侵入させない、またMRI装置から発生する電波を部屋の外に出さない両方の目的から電波シールドルームとしなければなりません。さらにMRI装置からの漏えい磁場によってMRI室周辺の機器や、人体(ペースメーカー)に対して影響を与えないよう必要に応じて磁気シールドを施すこともあります。

MRIシールドルーム
MRI装置によって異なりますが10MHz〜130MHzの周波数を電波シールドする必要があります。東京計器アビエーションはパネル方式のシールドルームを設計製造販売しております。周波数、シールド性能はニーズに応じて対応いたします。

磁性体センサーMagfhy(マグフィー)Ⅱ
MRI室内は強力な磁場環境にあるため磁性体を持ち込むことは出来ません。万が一持ち込んでしまった磁性体はMRI装置に吸引され重大な事故を起こす可能性があります。
この吸着事故が起きてしまった場合、磁性体を取り外すことは大変困難となります。マグフィーは、磁性体がMRI室内に持ち込まれないよう表示灯と音声で注意喚起をするゲート型磁性体センサーです。

MRI室対応LED照明 Mag luminance(マグルミナンス)
白熱灯、蛍光灯に替わりLEDが一般的となってきましたが、LED照明でも電波ノイズを発生します。このノイズ発生を抑え、シールドルームでも使用可能なLED照明をご提案いたします。

  • MRIシールドルーム
  • 磁性体センサーMagfhy(マグフィー)Ⅱ
  • MRI室対応LED照明 Mag luminance(マグルミナンス)

ページの先頭へ