慣性センサ
ホーム > 慣性センサ > 振動ジャイロ姿勢センサ VSAS-11M

振動ジャイロ姿勢センサ VSAS-11M

VSAS-11M
振動ジャイロ姿勢センサ VSAS-11M は、姿勢角(方位、ピッチ、ロール)、角速度、加速度を出力するセンサです。演算能力を高めることで、VSAS-2GMと比べてさらに高精度を実現しています。また、磁方位出力機能と加速度計によって、GPS位置情報を補間し、高精度の運動計測を可能にしています。

外形寸法 : W90 × D92 × H80 mm 以下
質量 : 560g 以下(GPSアンテナ含まず)

【特長】

  • 高姿勢精度(ピッチ、ロール)、低方位ドリフト
  • 広いダイナミックレンジ(入力角速度)
  • 磁気方位センサを搭載、加速度計でGPS位置情報を補間
  • 位置計測誤差は、数メートル範囲
  • ディジタル信号出力 RS-232C、CAN を標準装備

【おもな用途】

  • 自動車・二輪車の運動計測
  • 建設機械・農業機械の姿勢計測
  • ロボットの運動計測・姿勢制御

VSAS = Vibrating Silicon-gyro Attitude Sensor

※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。