計測機器
ホーム > 計測機器 > トピックス

熱式気体流量計TMF-10 建設技術審査証明書を取得

熱式気体流量計TMF-10がこのたび、「建設技術審査証明(下水道技術)」(公益財団法人 日本下水道新技術機構)を取得しました。

建設技術証明書は、新しく開発された下水道事業に係る優れた技術や製品を対象に交付されるもので、各々の開発目標を達成しているかどうかを専門家や学識経験者から構成される審査委員会が客観的に審査を行います。今回の審査については、品質、製品の社会的優位性、環境への対応などの観点から総合的に評価を受けました。

熱式気体流量計TMF-10は、温度の差で流量を測定する流量計で、下水道市場においては曝気槽用の風力測定に使用されています。従来の曝気槽用流量計として一般的であった差圧式流量計や超音波式流量計と比べ、圧力損失が小さく、音響的ノイズの影響を受けないため、安定した測定が可能です。また、メンテナンスが容易で温度・圧力の補正を行うことなく直接質量流量が得られます。こうした点が高く評価され、今回の証明書の取得となりました。

曝気槽:下水処理の工程で活性汚泥とともに圧搾空気を吹き込み、活性汚泥に含まれる好気性微生物の増殖によって汚濁物質を酸化的に分解する設備。曝気槽に空気を送り込むブロワモーターは大きな電力を消費するため、圧力損失が小さくするだけでなく、微生物の増殖を維持しつつ送風量を抑える高精度な流量測定が省エネに大きく役立ちます。



《問い合わせ》
東京計器株式会社
計測機器システムカンパニー
〒144-8551
東京都大田区南蒲田 2-16-46
電話 03-3737-8664
FAX 03-3737-8665
※ここに掲載されている内容は、公開した時点での情報に基づいています。
社名、所属、連絡先、仕様などが変更されている場合があります。
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。