計測機器
ホーム > 計測機器 > 接岸速度計 DL-3000

接岸速度計 DL-3000

接岸速度計
DL-3000は、レーザ測距方式を採用した船舶接岸速度計です。
大型船舶接岸には、巨大な船体による慣性を制御し接岸スピードを最適にコントロールする必要があります。船舶接岸速度計は、船首、船尾それぞれの接岸距離、速度を計測することで接岸速度、角度などのデータを表示することによって安全な接岸を支援します。
また、レーザ距離計は桟橋上に設置されますので、接岸する船の大きさや潮位にあわせて最適な場所にセットすることができます。


【特長】

  • さまざまな船舶に対して安定した計測を実現
    レーザ式の接岸速度計は、海上の平行舷を対象として計測するため、吃水の浅い船舶でも安定した計測が可能です。
    また、レーザ距離計は桟橋上に設置されるため接岸する船舶の大きさや潮位にあわせて最適な場所にセットすることができます。
  • レーザ光は安全基準に適合
    レーザ距離計は、レーザ放射安全基準(JIS C6802)のクラス1に準拠していますので、安全予防対策は不要です。
  • 接岸データの確認/処理が簡単
    計測したデータはディスプレイに表示され、プリンタによってグラフや数値データを出力できます。
  • 各種警報機能を搭載
    速度警報、離岸警報、角度警報などの警報信号が表示されますので、接岸時のさまざまな作業が安心して行えます。
  • 豊富なオプション
    船用表示器、信号灯表示盤、データテレメータなど、オプションを豊富にご用意しています。

ポータブルレーザ船舶接岸速度計 DLP-3000

接岸速度計
ポータブルタイプのレーザ接岸速度計です。バースに常設せずに入船時のみ接岸速度を計測します。
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。