計測機器
ホーム > 計測機器 > 電波レベル計 各種方式との比較表 > 電波レベル計/静電容量方式 比較表

電波レベル計/静電容量方式 比較表

比較項目 電波レベル計 静電容量式レベル計 備考
計測原理 アンテナと液面間の距離を電波の伝搬時間から計測、レベルへ換算する。FMCW方式とパルス方式がある。一般的にFMCW方式が高精度とされている。 プローブの電極間に存在する液体による静電容量の変化を計測し、レベルに換算する。 電波式、超音波式は非接液で計測が可能。他は接液する。
測定範囲 電波の到達可能距離により決まる。(最大99m程度) プローブ(電極)の長さにより決まる。(最大100m程度)  
測定精度 RTG-40A:±3mm
RTG-40G:±5mm
RTG-40S:±10mm
MRG-10:±10mm
1.0% of F.S.程度。付着性液体の場合、精度維持が難しい。  
使用環境
タンク内
温度・圧力
対象液体
温度-40〜400℃。圧力:-0.1〜5.5MPa。
水、汚泥、その他の液体。付着性のある液体にも対応可能。
温度-10〜200℃。圧力0.1〜1MPa。
付着性のある液体の場合精度が低下する。
電波式、静電容量式ともにLNG測定に使用される極低温の特殊仕様のものがある。
機器構成 アンテナと信号処理部が一体となっており、単体で計測信号出力可能。 プローブ、変換器との2ユニットの構成となる。  
設置工事
(費用)
タンクや容器の上部に機器を取付。タンク内には一切の加工が不要。
工事費用は低。
タンクや容器の上部よりプローブを挿入する。タンク内でプローブの固定が必要。費用は中。  
メンテナンス 基本的にメンテナンス不要であるが、アスファルトなど付着性の強いものの場合は定期的なアンテナ清掃が必要。メンテナンスコストは低。 プローブの付着を除去する必要がある。またプローブを引上げる場合は費用が高額となることがある。
電波式、超音波式以外はメンテナンス作業時に液体と接触する。
経年変化 ディジタル処理方式なので性能の経年的な劣化は少ない。機械的稼動部が無く磨耗や固着がないため信頼性が高い。 プローブの絶縁低下による故障が発生する場合がある。  
故障発生時 アンテナがタンク内に入るのみ、信号処理部はタンク外部で作業が可能。 プローブ故障の場合、修理、交換のため、液中より引き上げる事が必要。 電波式、超音波式以外は検出部の引き上げを想定する必要がある。
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。