通信制御
ホーム > 通信制御 > 移動体衛星通信

移動体衛星通信

衛星中継車両
衛星中継車両

アンテナ部
アンテナ部
通信衛星を利用して報道中継を行うシステムは SNG (Satellite News Gathering) と呼ばれていますが、従来は中継車両が停止した状態でしか通信衛星に向けて電波を送信できませんでした。走行中は車両の姿勢・方位が変化するため、中継アンテナを目標とする通信衛星に向けて正対できなかったからです。
この問題を解決するために、東京計器は独自のマイクロ波応用技術と慣性センサ技術、メカニカル制御技術によって、高精度にアンテナを自動制御するシステムを実現しました。走行する車両上という悪条件をものともせず、上空36000キロの通信衛星に向けて正確に中継波を送信します。
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。