鉄道保線
ホーム > 鉄道保線 > ポータブル超音波探傷器“ソノチェッカー”SM-3R 販売開始

鉄道レール専用 ポータブル超音波探傷器“ソノチェッカー”SM-3Rを販売開始

ソノチェッカー SM-3R
ソノチェッカー SM-3R

探触子 0°45°70°
探触子 0°,45°,70°
 東京計器レールテクノ株式会社(東京都大田区 社長:神谷隆志)は、ポータブル超音波探傷器“ソノチェッカー” SM-3R を12月1日に販売開始いたします。

 SM-3Rは、鉄道レール専用の非破壊検査装置です。保線現場において、作業者が専門的な非破壊検査の知識がなくとも、3種類の探触子を付け替えることによって、簡単にレール内部の見えない傷をカラー液晶画面によって確認できます。本体は小型軽量で、片手で操作や持ち運びができるサイズとなっています。

 SM-3Rは、専用充電池を用いることによって、従来機SM-2Rと比べ稼働時間を2時間から4時間へと倍増しました。測定画像の記録枚数は、64枚から1,000枚へと大幅にアップしています。これにより、保線作業中の急なバッテリ切れや記憶容量不足といったトラブルから開放されます。また測定画像もUSBケーブルで簡単にパソコンに取り込めるようになり、より使いやすくなりました。

 SM-3Rは、鉄道保線の現場において、日常的なレール点検にお役立ていただけます。

◇商品特長◇

ワンハンド・ワンプッシュ
片手で持てる小形・軽量ボデイ。めんどうな操作がいらず、ワンプッシュで探傷が可能です。
探傷画像の保存枚数を大幅にアップ
探傷した画像の保存枚数を大幅にアップし、1,000枚としました。
また、探傷画像をUSBケーブルで直接パソコンに取り込むことが可能になりました。
長時間稼働
充電式電池で、4時間の連続稼働時間を実現。
断面画像表示
検査部分の断面画像表示(Bスコープ)を装備。4色のカラー表示で、欠陥の大きさも一目瞭然。
もちろん波形表示(Aスコープ)も可能です。

断面画像表示(Bスコープ)例
断面画像表示(Bスコープ)例

波形表示(Aスコープ)
波形表示(Aスコープ)例

◇標準機器構成◇

本体 W175×H101×D74(mm) 約870g(充電式電池含)
ACアダプタ, キャリングケース, USBケーブル
(別売)
0°探触子, 45°探触子, 70°探触子

◇仕様◇

表示器 : バックライト付 3.5インチカラー液晶
探傷方式 : パルス反射法および透過法
表示方式 : 断面画像表示(Bスコープ)および波形表示(Aスコープ)
入出力端子 : USB, RS232C
連続測定時間: 約4時間
画面保存枚数: 約1,000枚(ビットマップ方式)
電源 : 専用ニッケル水素電池
充電方式 : 本体充電方式

◇販売開始年月日◇

2009年12月1日

◇希望小売価格◇

90万円

◇販売計画◇

2009年度 100台
2010年度 200台


※ ソノチェッカーおよび Sonochecker は、東京計器株式会社の登録商標です。
◇本商品に関するお問い合わせ先◇
〒144-8551 東京都大田区南蒲田2-16-46
東京計器レールテクノ株式会社 営業部
電話:03-3732-7061 FAX.03-3732-7050
http://www.tokyo-keiki.co.jp/rail/
※ここに掲載されている内容は、公開した時点での情報に基づいています。
社名、所属、連絡先、仕様などが変更されている場合があります。
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。
(2009.11.27)