鉄道保線
ホーム > 鉄道保線 > レール探傷サービス

レール探傷サービス

走行式レール探傷装置
走行式レール探傷装置
超音波レール探傷車の運行で検出した傷の2次精密探傷や、定期的なレール精密探傷などを、熟練した派遣作業員により行う探傷サービスです。
現場での探傷業務後、探傷画像データを添付した分かり易い報告書を提出します。
探傷には通常、画像式超音波レール探傷器 PRD-300 やポータブル超音波探傷器を使用しますが、探傷距離の長い場合などには、探傷サービス専用の走行式レール探傷装置(写真参照)を持ち込み、スピーディな探傷業務を行います。

検測項目
現場精密探傷検査(一般部, 溶接部, 分岐部)
役務内容
レール探傷車(整備・操作など)の運行
レール探傷装置(超音波探傷器)の運行、データ収録
データ解析・評価、報告書作成・提出
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。