鉄道保線
ホーム > 鉄道保線 > 分岐器の摩耗量・軌道変位検測サービス

分岐器の摩耗量・軌道変位検測サービス

レール分岐器検測サービス
分岐器内のレールおよびクロッシングの摩耗量、バックゲージ、フランジウェー幅、そして軌道変位4項目を 分岐器検査装置 SPG-1 を用いて同時に検測するサービスです。
派遣作業員が分岐器の検測を行った後、取得データの解析・評価を行い、検測結果の詳細な報告書を作成・提出します。

1分岐器あたりの測定が10〜15分と短く、しかも分岐器のレール摩耗量と軌道変位が同時に測定できるので、従来の手作業と比較し検査効率が 大幅にアップします。

(検測に使用する 分岐器検査装置 SPG-1 はお客様にご購入していただくか、または当社からの持ち込みのどちらで対応させていただきます)

ソフトウエア画面表示例
ソフトウエア画面表示例
検測項目
分岐器の摩耗量、軌道変位
役務内容
検測装置運行、データ収録、データ解祈・評価、報告書作成・提出
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。