鉄道保線
ホーム > 鉄道保線 > データ・デポシステム - DDシステム

データ・デポシステム - DDシステム

車両に搭載した車上子
車両に搭載した車上子
まくら木に固定したデータ・デポ
まくら木に固定したデータ・デポ
データ・デポ システムは鉄道の保守,管理に必要な情報を記憶保持する地上子(データ・デポ)と車両などに搭載して走行移動する車載装置との間で情報の授受を行う、新しい方式の非接触高速通信システムです。キロ程管理(キロメータポスト)や地点情報管理に最適です。

  • 地上子(データ・デポ)は、無電池式でメンテナンスフリー
  • 対干渉性,対雑音性に優れ、信頼性の高い通信を行うスペクトラム拡散方式を採用
  • 完全密封構造(データ・デポ)により、優れた耐環境性を実現
  • 電波法に抵触しません


アプリケーションシステム 例

車両に搭載した車上子

《マルチプルタイタンパ, バラストレギュレータ 自動化用》

各種ツールによる作業が禁止となる踏切,トンネル,信号管埋設箇所の情報などを データ・デポ に記憶させておくことにより、車両走行中に作業禁止区間が接近したことを操作者に知らせることができます。また、作業禁止区間でのツールの落下を禁止することもできますので、誤操作による事故の発生を防止することができます。

車両に搭載した車上子

《除雪機械自動化用》

除雪作業を行う上で障害となる踏切,トンネルなどの情報をあらかじめ記憶したデータ・デポと除雪車に取り付けた車上子との間で情報の授受を行い、ウィングの開閉やフランジャの退避などを制御することにより、除雪作業の自動化の推進に偉力を発揮します。ウイングの開閉状態,支障物の種類は車内の表示器で確認できます。

※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。