鉄道保線
ホーム > 鉄道保線 > 超音波レール探傷車 URIC

超音波レール探傷車 URIC

超音波レール探傷車
超音波レール探傷車は走行しながらレールの欠陥を自動検出して記録する車両システムです。超音波によるレールの内部欠陥だけでなく、最新の画像処理技術を応用した断面摩耗計測やレーザ光を利用した波状摩耗計測などもオプション機能としてご用意しています。
新幹線を始めJR在来線、私鉄各社に多数の採用実績があります。

  • 40 km/hでの高速度連続探傷
  • 定尺,ロング区間を問わず、中間部,継目部の全域検査が可能
  • データ・デポ システムとの併用により傷の正確なキロ程管理が可能
  • 摩耗測定システム,レール遊間測定システムなどとの組み合わせによってレール検査の多角的な解析が可能

《 探傷データ処理 》

画像処理によリレール断面の状態をリアルタイムでグラフィック表示するため、傷の有無の判別が容易。
レール傷の類別と評価をリアルタイムで自動判定。
全データを記憶保持し、画像再生が可能、また必要に応じてオペレータの介入も可能。

《 レール探傷車 納入実績 (2015年5月現在) 》

1965年 旧国鉄殿(東海道新幹線)
1976年 旧国鉄殿(山陽新幹線)
1982年 旧国鉄殿(東北・上越新幹線)
1987年 東急電鉄殿
1988年 JR東海殿(東海道新幹線 第二世代車)
1990年 西武鉄道殿
1993年 JR西日本殿(在来線、2002年探傷装置換装)
1996年 JR東日本殿(東北・上越・長野新幹線 第二世代車)
1997年 東武鉄道殿(レール検測車に搭載)
1999年 JR西日本殿(山陽新幹線 第二世代車)
1999年 JR九州殿(在来線)
2000年 旧営団地下鉄殿(2005年にレール測定車に探傷装置を搭載)
2001年 京浜急行殿
2003年 近畿日本鉄道殿
2003年 小田急電鉄殿
2004年 JR九州殿(九州新幹線)
2004年 JR東日本殿(在来線)
2004年 西武鉄道殿(第二世代車)
2005年 JR北海道殿
2006年 JR東海殿(東海道新幹線)
2008年 東急電鉄殿
2009年 JR西日本殿(在来線)
2011年 東京地下鉄殿(レール測定車)
2015年 JR九州殿(在来線)
2015年 JR西日本殿(在来線)
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。