鉄道保線
ホーム > 鉄道保線 > 会社概要

東京計器レールテクノ株式会社 会社概要

商号 東京計器レールテクノ株式会社
(旧社名 株式会社トキメックレールテクノ)
設立 平成9(1997)年9月11日
本社 〒144-8551 東京都大田区南蒲田 2-16-46
電話 03-3732-7061
FAX 03-3732-7050
資本金 60,000,000 円
代表者 取締役社長 松沢 茂美
従業員数 58名 (2017年9月現在)
主な事業 鉄道用測定機器の販売、鉄道軌道検測業務の請負
営業品目 鉄道保線機器製造販売
鉄道保線検測役務サービス
鉄道保線機器の保守、点検、修繕、装備工事業務
各種調査、実験、開発業務
保線コンサルティング業務

事務所 住所 電話 FAX
札幌 〒003-0802
北海道札幌市白石区菊水二条2-2-12 藤井ビル菊水4
011-816-6291 011-816-6296
大阪 〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-7-26
06-6150-6604 06-6150-6610

主要取引先
JR北海道殿 JR東日本殿 JR東海殿 JR西日本殿 JR四国殿 JR九州殿 JR貨物殿 東武鉄道殿 西武鉄道殿 京成電鉄殿 京王電鉄殿 小田急電鉄殿 東京急行電鉄殿 京浜急行電鉄殿 相模鉄道殿 名古屋鉄道殿 名古屋臨海高速鉄道殿 近畿日本鉄道殿 南海電気鉄道殿 京阪電気鉄道殿 阪急電鉄殿 阪神電気鉄道殿 神戸電鉄殿 山陽電気鉄道殿 西日本鉄道殿 東京地下鉄殿 札幌市交通局殿 仙台市交通局殿 東京都交通局殿 横浜市交通局殿 名古屋市交通局殿 京都市交通局殿 大阪市交通局殿 神戸市交通局殿 福岡市交通局殿、パキスタン鉄道殿、ベトナム国鉄殿、韓国KORAIL殿、ソウル地下鉄殿、他

日本の産業成長と共に発展の道を歩んできた鉄道。その利便性、安全性、快適性は今や世界のトップレベルにあることはご存じの通りです。これは鉄道事業に携わる方々の努力の結晶であることは言うまでもありません。
東京計器レールテクノでは超音波レール探傷器やレール探傷車をいち早く開発し、新幹線を始めとする各鉄道会社の保線に貢献してまいりました。そして、さらにお客様の保線業務を積極的にサポートして行くことを目的として、1997年に伊岳商事、清田軌道工業との共同出資により設立されたのが「東京計器レールテクノ」です。
東京計器レールテクノは、保線検査機器の製造・販売、軌道保守役務を通じて微力ながら、鉄道の安全運行にご協力して行きたいと考えております。
保線検測に関することでしたら、ぜひお気軽に東京計器レールテクノにご相談下さい。


(2008年10月1日 株式会社トキメックレールテクノは、東京計器レールテクノ株式会社に社名変更いたしました。)