舶用機器
ホーム > 舶用機器 > トピックス

東京計器が参画するプロジェクトが国土交通省の補助対象事業に採択されました

 去る6月29日、日本郵船株式会社殿と株式会社MTI殿が共同で参画する4つの技術開発プロジェクトが、国土交通省の2016年度「先進安全船舶技術研究開発支援事業」の補助対象事業に採択されました。
 「先進安全船舶技術研究開発支援事業」は、IoTやビッグデータを活用した海運の安全性向上に資する技術研究開発の推進を目的としたもので、採択された事業は「大型コンテナ船における船体構造ヘルスモニタリングに関する研究開発」「ビッグデータを活用した船舶機関プラント事故防止による安全性・経済性向上手法の開発」「船陸間通信を利用したLNG安全運搬支援技術の研究開発」「船舶の衝突リスク判断と自律操船に関する研究」の4件です。東京計器はこの中の「船舶の衝突リスク判断と自律操船に関する研究」に参画しております。
 東京計器は、本プロジェクトの活動を通じて、安全で経済的な海運事業の実現と日本の海事産業の国際的な競争力強化に貢献してまいります。

参画プロジェクト 「船舶の衝突リスク判断と自律操船に関する研究」
事業者 日本郵船、MTI、日本海洋科学、海上・港湾・航空技術研究所、東京計器、古野電気、日本無線
概要 他船との衝突リスク判断を容易にする機能の開発や、非常時における陸上からの遠隔操船、船橋の見張りを補助するための映像と航海計器情報を重ねた機器の開発により、海難事故の防止を図ると共に、船員の負担軽減等を図る。



● 本件に関する問い合わせ ●
〒144-8551 東京都大田区南蒲田2-16-46
東京計器株式会社 舶用機器システムカンパニー 営業部
電話:03-3737-8611 FAX.03-3737-8663
※ここに掲載されている内容は、公開した時点での情報に基づいています。
社名、所属、連絡先、仕様などが変更されている場合があります。