舶用機器
ホーム > 舶用機器 > ジャイロコンパス

ジャイロコンパス

TGシリーズ
主に大形船用。『懸吊線フロート式』を採用。

ESシリーズ
主に中小形船用。懸吊線方式の代表機種。ベストセラー機。

GMシリーズ
主に小形船用。

ジャイロコンパス 船上での正確な方位の把握

外洋において方位を知ることは航海の基本であり、先人たちは星を頼りに航海しました。現在、船上においての方位計測は
  • 天測(北極星や太陽による)
  • 磁気コンパス
  • 電子磁気コンパス
  • ジャイロコンパス
  • GPSコンパス
などがあります。
 主として使用されているのはジャイロコンパスで、小型船舶から大型船舶まで広範囲に使用されています。

ジャイロコンパスはその【特長】として
  • 真方位を指示する。
  • 他の機器に方位信号を連続出力できる。
  • 装備位置を問わない。
  • 船体磁気や外乱に対して強い。
等が上げられます。

原理

ジャイロコンパスは“ジャイロスコープ”の特性と、地球の回転運動、重力の相互作用を応用したコンパスです。ジャイロスコープとは、ある質量を持つ物体が、その固定点のまわりに回転しているものです。一般には、高速回転しているフライホイールがよくイメージされます。
プレセッション
方向保持性
ジャイロの回転軸は空間の一定方向を保持し続ける。
プレセッションの性質
回転軸に力を加えると普通の物体と異なり、力と直角な方向に軸の旋回が起こる。この旋回運動をプレセッション(Precession)といいます。
 このジャイロスコープの持っている方向保持性は宇宙という空間に対してであり、地球上でコンパスとして使用するためには“指北作用”を持たせる機能が必要です。つまり地球上で常に北を指したままでいるためには、その地点の地球の回転の割合(角速度)に等しい割合で、地球の自転と同方向にジャイロを回転させてやればよいわけです。
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。