舶用機器
ホーム > 舶用機器 > GMDSS > 衛星EPIRB TEB-700

衛星EPIRB TEB-700

衛星EPIRB TEB-700 ケースあり
TEB-700 ケースあり
衛星EPIRB TEB-700 ケースなし
ケースなし
衛星EPIRBは、船舶が万一、海洋で水没した際に水圧を感知し、自動的に離脱、浮上して遭難信号を自動的に発信します。
406 MHzの送信信号には、識別符号(国籍・ID番号等)が含まれ 48時間以上発信し続けます。この信号を受信した COSPAS/SARSAT衛星により遭難位置が感知され識別符号等を含め地上へ中継されます。
地上局から救難調整センタに送られた情報により万全の救難体制が敷かれただちに航空機、船舶等による捜索・救難活動が開始されます。
また、本機にはホーミング用の 121.5 MHzの送信機も標準装備しています。

【特長】

  • 406 MHz,121.5 MHzの2周波対応
  • 小形軽量、取付容易
  • シンプルな構造と各種試験サポー卜機能で簡単なメンテナンス
  • 対錆、対劣化構造(金属部分の露出を最小)
  • 風、振動等に強いフレキシブルアンテナを採用
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。