検査機器
ホーム > 検査機器 > P-CAP/M-CAPとは

P-CAP/M-CAPとは

P-CAP,M-CAP
P-CAP/M-CAPとは、コンバーティング業界のニーズにお応えするために、高精度カメラ、画像認識、ソフトウェアなどの総合技術を結集して東京計器が開発した最新の印刷品質/素材検査機器装置です。
検査機器は、従来、作業者の目視によって行われてきましたが、現代の高速/大量生産に対応するには限界があり、また、ちょっとした見落としが大きな損失に直結するばかりでなく、大切なお客様の信頼を失うことにもなりかねません。
P-CAPシリーズ/M-CAPシリーズは、作業者の経験に頼ることなく、最新鋭のCCDカメラと画像処理技術によって、高速かつ高精度に印刷物・素材の検査機器/確認を行います。
インライン検査(生産ライン上にて検査)/オフライン検査(別工程での検査)など様々な条件に対応でき、カメラ設置台数を増減させることにより、お客様の要求する検査精度にお応えしていきます。また、LAN接続により、リモートで外部機器への接続も可能となっています。
P-CAP検査装置は、印刷検査だけでなく、素材のフィルム・紙等の検査など様々な用途への応用もご提案していきます。


【特長】

  • つかいやすい
    オペレーションシステムは、多くの方が慣れ親しんでいるWindows画面です。マウス・タッチパネル等を使用して操作します。
  • みやすい
    表示は、17インチ液晶画面を標準装備。Windowsベースの専用アプリケーション上で知りたい画像や情報を画面いっぱいに広げて見ることが可能です。
  • 高精度カメラ
    高分解能高性能CCDカメラを使用しています。高速で流れるウェブ上で、人の目では判別しづらい微妙な色変化などもキャッチできます。
  • 検査結果を大容量に記録保存
    記録用に大容量HDDドライブを標準装備しています。検査結果を欠点画像付きで大量保存可能です。
  • ネットワーク対応
    既存の社内LANと接続が可能です。Windowsベースでオペレーションされているため、サーバや他の端末とのデータ送受信もスムーズに行えます。
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。