検査機器
ホーム > 検査機器 > 印刷・異物検査装置 Print-CAP 設置例 > オフライン (リワインダ) 設置例

印刷検査装置 オフライン (リワインダ) 設置例

オフライン検品とは、印刷が終了しロール上に巻き取った製品を巻き替え機(リワインダー)等で巻き直し作業を行いながら検品を行っていく方法です。下記は、リワインダに搭載した実例を示しています。

オフライン リワインダ 設置例

カメラ部分
横長の溝から下を向いてカメラが全体の
検査領域をカバー出来るように、
複数台設置されています。

エンコーダ
エンコーダによってウェブの速度と
距離を監視しています。

ラベラー
欠陥部が見つかったときにラベラーが、
その部位にラベルを貼り付けます。

作業中
操作部はリワインダそばに設置し、
画面上のボタン操作でオペレーションします。