油圧制御
ホーム > 油圧制御 > マニホールドブロック TMCD

TMCD (Tokyo keiki Manifold-block CAD Desinged) マニホールドブロック

高密度マニホールドブロック

油圧システムを合理化するTMCDは、油圧システムの高密度(コンパクト)・軽量・省配管というニーズにマッチした商品として高い評価いただいているヒット商品です。お客様のご好評をいただけるようになった背景には、東京計器が独自に開発したマニホールドブロックの設計支援ソフト「MB(Manifold−Block)CAD」の存在があります。

マニホールドブロックとは、直方体の金属の内部に油圧回路を構成する油路を形成したものです。油圧回路をマニホールドブロック化すると、油圧装置は、個々の単体の製品をつなぎ合わせるよりも小型・軽量(容積比 1/5〜1/10 )となり、しかも配管を少なくすることができるという大きなメリットが得られます。
しかし、この方式の難しさは、金属の直方体の内部に迷路のような油路を完璧に設計しなければならない点にあります。ベテラン技術者が入念に検図したとしても、完全に設計ミスを防止することは非常に難しいことです。大きなマニホールドブロックになると加工する穴の数が200以上にもなり、人間技ではほとんど設計不可能と言っても過言ではないでしょう。ほんのわずかな設計ミスが油圧システム全体に及ぼす影響は図りしれないものがあります。

この「MBCAD」には各種のチェック機能や警報機能が用意されていますので、設計上のミスを皆無にすると共に、設計時間の大幅な短縮を実現しました。また、このCAD上では、マニホールドブロックを自在に伸縮させることができ、かつ、取り付ける油圧制御機器の追加や削除が簡単に行えますので、従来非常に困難であった設計変更などに非常にフレキシブルに対応することができるようになりました。

※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。