建設
ホーム > 建設 > Topics > 平坦性計測・解析装置 レーザ・プロファイラ LP-300S

平坦性計測・解析装置 レーザ・プロファイラ LP-300S (2005.10.11)

LP-300S
 株式会社トキメック自動建機は、2005年10月から、平坦性計測・解析装置 レーザ・プロファイラ LP-300S(以下LP-300S)の販売を開始いたしました。

 LP-300Sは、計測部, 操作部, 台車,データ解析ソフトウエア で構成されており、現場での路面計測から書類作成までの平坦性試験を総合的にサポートいたします。

 今回のLP-300Sでは、計測部を40%軽量化(当社従来比)。さらに、台車を新設計の折りたたみ構造とすることにより、収納時のコンパクト化を達成しています。

 また、計測部を一新することによって、計測距離のキャリブレーション,メモリカード利用によるパソコンへの高速データ転送等の多くの新機能を実現しています。

 LP-300シリーズは、主に、アスファルトやコンクリートの平坦性を国土交通省や日本道路公団の規定に合わせ試験する装置として使われており、主要幹線道路の施工完了後に検査確認用として広く利用されています。

 今回のLP-300Sは、1988年にLP-300として発売開始以来、累計900台以上販売してきたLP-300シリーズの最新機種となります。【1996年8月以前は、株式会社トキメックで販売】

【特長】

《新機能》
計測距離を正確に保つキャリブレーション機能。
計測開始の高さをゼロに合わせる台車高さ自動調整機能。
計測時に測点位置を記録する測点機能。測点位置,名称は波形印刷図上にも印字可能。
バッテリ残量やシャッターの開閉状態などの警報機能を強化。
メモリカード使用により、データ転送を簡略/高速化(当社従来比240倍)。

《軽量/コンパクト》
衝撃に強い新構造やリチウムイオンバッテリの採用により計測部を40%軽量化(8kg) 。
台車は、三つ折り構造とすることにより、収納時サイズ 129×45×35cm とコンパクト化(当社従来比 容積43%減)。アルミ製で軽量、ブレーキ付。
結合部やネジ部の強度を向上し、工具不要で簡単組立。

《専用ソフトウエア》
印刷機能/印刷レイアウトを充実化。各種定型様式にも対応。

【基本機能】

非接触方式計測により、急力ーブ, 急勾配, Uターン,でもブレがなく、排水性舗装などの特殊舖装にも対応。
計測部からパソコンへのデータ転送により、読取りや入力の手間がなく正確。
専用ソフトウエアにより、すばやく簡単にデータ処理。計算表, 波形図を印刷。
パチン錠などで簡単組立。

【機器構成】


計測部 1台,操作部 1台, 専用ソフトウエア付属, 台車 1台(レスオプション可能)

● 商品に対する問い合わせ ●
東京計器株式会社 電子システムカンパニー センサ機器部
〒144-8551 東京都大田区南蒲田 2-16-46
電話 03-3731-2631 FAX 03-3738-8670
※ここに掲載されている内容は、公開した時点での情報に基づいています。
社名、所属、連絡先、仕様などが変更されている場合があります。
※商品の仕様およびデザインは予告無く変更する場合があります。